天龍寺の開館時間や拝観料は?割引はある?

今回は、天龍寺での拝観料、その他のことについてご紹介していきたいと思います。

天龍寺の参拝時間や拝観料は?


参拝時間はオーソドックスに8時30分~17時30分です。ただし、10月21日から3月20日までは17時に閉門されるので注意が必要です。

次に拝観料ですが、天龍寺では庭園、諸堂、法堂と別々で下記の料金で拝観できます。( )内は障がい者割引きで手帳の提示が必要です。本人および介護者1名まで100円割引が受けられます。

庭園(曽源池・百花苑)

大人  500円(400円)
大学生 500円(400円)
高校生 500円(400円)
中学生 300円(200円)
小学生 300円(200円)
小学生以下 無料

通常では、本堂がメインかと思われるのですが、天龍寺は日本最古の池泉回遊式の庭園の素晴らしさで世界遺産に登録もされたお寺ですので、庭の拝観がメインになっております。
ただ、もともとは大方丈や書院から眺めるための庭なのでベンチなどはありません。大方丈や書院は開放されているので、ぜひ100円追加して縁側に上がりゆっくりと座って庭を楽しまれることもオススメします。

諸堂参拝(大方丈・書院・多宝殿)

上記の庭園拝観料金に各、100円追加

参道を歩いて行くと正面に庫裏が見えてきます。そこから拝観料を払い、入るとその奥が書院で、左手には大方丈があります。大方丈は1899年、書院は1924年に建てられています。大方丈は四方が廊下で囲まれた構造ですので、ここから見て楽しむことができます。ご本尊は木造の釈迦如来坐像で国の重要文化財に指定されている価値あるものです。残念ながら公開はされていませんので見ることは叶いません。

法堂の「雲龍図」だけでなくこちらの大方丈にも龍がいます。江戸中期の京都出身の絵師で、強烈に個性的な作品を描いていたことで有名な曾我蕭白(そがしょうはく)作のふすま絵の「雲龍図」です。こちらは少しユーモラスに描かれていますが、迫力では天井画の龍に負けてはいません!素晴らしいです!現在、こちらの雲龍図は、ボストン美術館にあるらしくキャノンさんによる複製画です。建仁寺だけでなくここでもキャノンさん大活躍です。

雲龍図はこちら。
息を呑む光景!天龍寺の2大見どころ「雲龍図」と「庭園」

多宝殿は大方丈と渡り廊下でつながっています。離宮があった場所とされていて、禅宗では最初の道場で、現在は小坂町にある壇林寺が創建された場所でもあります。幾度と火事で焼け落ちています。現在のは1934年に再建されたものになります。造りは「吉野朝」時代の様式で造られています。

法堂「雲龍図」特別公開

1人500円
※子供料金の設定や団体割引き、障がい者割引きなどの設定はありません。

1900年に再建された法堂は、釈迦三尊像を本尊としています。天井の雲龍図はあまりにも有名ですので、別に拝観料を払ってでも見る価値ありです!堂内は夏でも涼しく、静かに座って龍図と対面するのもよし、色々な方向から見て「八方にらみの龍」を楽しむのもよしです。

修学旅行やツアーなどでの団体割引きなどその他割引きはあるの?
天龍寺では団体割引などは一切、設定されていません。人数を必ず確認のうえ、チケットを買うようにしてください。

以前ご紹介した「京都きものパスポート」というパスポートの提示でも割引きはされませんが、天井画の「雲龍図」のポストカードが1枚もらえます。ただし、こちらも優待期間があるので確認の上、使うようにしましょう。

精進料理でお得に拝観!

天龍寺の境内には、精進料理をいただける「篩月(しげつ)」というお店があります。精進料理は肉や魚を使わずに、野菜を中心とした料理のことで、それまでは未発達だった日本料理の基礎となります。

それまでは味をほとんどつけずに調理後に各自で味付けをして食べていたのが、ダシをしっかりと取った味付けで、さらにコンニャクや豆腐、納豆や味噌を使い、肉や魚を使わずとも食べごたえのある万人受けする料理になりました。

これらを使った料理が精進料理です。「篩月」では三つのコースが用意されています。「雪」「月」「花」とよばれるコースで価格はそれぞれ3500円、5500円、7500円となっていて「雪」コースは予約が無くてもすぐに食べられますが、「月」と「花」のコースはあらかじめ予約が必要となりますので注意してください。

料金は消費税と拝観料込みになっていますので、精進料理をいただいた後に、ゆっくりと庭園などを見てまわることができます。天龍寺まで足を運んだのであれば、本式の精進料理もいただいてお腹も目も満足に見てまわりませんか?

最後に

天龍寺はもともと150を超える子寺で構成された大寺院なので、現在もいくつかの塔頭寺院(たっちゅうじいん)が残されています。その各寺院でも貴重な寺宝やキレイな庭などが拝観できますので、お時間があればそちらも訪れてはいかがでしょうか。それでは。

天龍寺関連ならこちらもおすすめです。
息を呑む光景!天龍寺の2大見どころ「雲龍図」と「庭園」

京都屈指の竹林!絵になる天龍寺の「竹林の道」

天龍寺の桜と紅葉の見頃はいつ?ライトアップや混雑状況は?

天龍寺の御朱印を紹介!通販はできる?他にオススメのおみやげは?

京都駅から天龍寺へのアクセスは電車?バス?駐車場はあるの?


ピックアップ記事

  1. 銀閣寺見どころまとめ!銀箔の理由や歴史、哲学の道、やアクセスからカフェ・ランチ情報まで

    世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 建仁寺見どころまとめ!御朱印帳や座禅、アクセス、両足院からランチ情報まで!

    先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に圧倒されて座禅で悟りを開いた

    先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…
  4. 時間の流れを忘れるほど静かな京都の名所3選

    最近の京都は「行って見たい観光地」で世界1位に選ばれたりの人気ぶりで、一年を通じて観光客であふれてい…
  5. 【穴場スポットあり】五山の送り火を見るおすすめの場所5選

    京都の夏の風物詩「五山の送り火」この送り火は山々に文字が浮かぶのですから、昔はどんな場所からでも見え…

ピックアップ記事

  1. 世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る