鞍馬寺の見どころ!京都有数のパワースポット「魔王殿」とは

今回は、数あるパワースポットのある鞍馬寺の中でも特に、そのパワーが強いといわれる「奥の院・魔王殿」をご紹介したいと思います。では、まいりましょう。

「魔王殿」とは

神秘的な空気の中、ねじれた木が立ちならぶ鬱蒼(うっそう)とした森にかこまれ、昼間でも薄暗く不思議な雰囲気がただよう、目に見えない「何か」の存在を感じずにいられない場所に「奥の院・魔王殿」はあります。

魔王殿は奇岩(化石を含んだ水成岩)の上にあり護法魔王尊をおまつりしています。石灰岩の重なる柵内は、日本庭園の源流ともいわれる磐座(いわくら)様式であるといわれています。

鞍馬寺のご本尊はお寺では「尊天」と呼ばれています。「尊天」とは毘沙門天(びしゃもんてん)、千手観世音菩薩(せんじゅかんぜおんぼさつ)、護法魔王尊(ごほうまおうそん)の三身が一体となった、ご本尊であるといわれています。

「尊天」とは「すべての生命を生かし存在させる宇宙エネルギー」であるとされています。毘沙門天を「光」にして太陽の象徴、千手観音を「愛」にして月の象徴、魔王尊を「力」にして地球の象徴としています。まさしく三位一体という感じですね。

鞍馬寺には、「尊天」といわれる「万物の生命の源の宇宙の力」が集中する場所として、そしてその力を受けるための場所であるといわれています。

その「尊天」のひとり、魔王殿にまつられる「護法魔王尊」とは、650万年前、金星から地球に降り立ったもので、その体は通常の人間とは異なる元素から成り、その年齢は16歳のまま年をとることのない永遠の存在であるといわれています。

魔王尊は鞍馬の大天狗・僧正坊などを指揮した天狗の総帥ともいわれています。そのお姿は、顔はひげに覆われていて、鼻は高く、ギロッとした大きな目に、その背中には木の葉でできた大きな羽根を持っておられるとされています。本当に本などに出てくる天狗さんのような見た目ですね。

鞍馬寺の多宝塔(たほうとう)に安置されている護法魔王尊像も同じような姿をしていることから「鞍馬天狗」とはもともと護法魔王尊であったといわれています。

魔王尊は悪魔の王?!


魔王殿のご本尊の護法魔王尊はヒンドゥー教では「サナートクマラ」と呼ばれ(クマラから鞍馬という地名になったといわれています。)ヒンドゥー教の神話に登場する賢人で、1850万年前に金星から地球にやってきたといわれています。護法魔王尊と似ていませんか?

このサナートクマラはキリスト教では天から堕ちてきた「堕天使ルシファー」といわれ、のちに「魔王サタン」になっています。みなさん天から降りて(堕ちて)きているのですね。「サタン」という言葉はキリスト教ではキリスト以外の神々を邪教の神として「サタン」とも呼んでいます。

もうひとつ、鞍馬天狗となった魔王尊の鼻は高く、鼻が高いなどの「傲慢(ごうまん)」を象徴しています。ルシファーも傲慢ゆえに堕天をしたので一致します。

薬も過ぎれば毒となる?!

どんな、良い薬でも強すぎれば毒になるといわれるように、物事はほどほどが大切という意味のことわざですが、まさに、魔王殿もそんな場所なのです。

力が強すぎたり、人の念がこもる場所ともいわれていて、ある説にはパワーどころか魔の力を封じ込めてあるといわれていますので、あまり気を抜かずに、行くときにはそこそこの覚悟をもって行くべき場所でしょう。

奥の院魔王殿はパワーが強く普通の人間には耐えられないといわれていて、「キーン!」と耳鳴りを起こしたり、意識を失う人も多いそうです。山を下りるまで意味もなく笑い続けた人もいたり、本当かさだかではありませんが、樹木と会話できるようになった人もいるといわれています。

魔王殿は、悪い気を取り除いてくれる場所といわれていますので、仕事や勉強思うように進まない時や、自分にとって都合の悪い人との縁を断ち切りたいときなどに良いと思います。

ただし、人々の色々な念などが残っている場合もあるので注意が必要です。行くときは、軽い気持ちで行かずに真面目な態度で行ってくださいね。

最後に

奥の院・魔王殿はいかがだったでしょうか?ちょっと怖い感じもすることがあったかもしれませんが、それだけパワーあふれる場所ですので、ゆっくりと時間をかけてチャレンジされると良いと思います。

あなたは日々の生活により溜まった悪い気や物から解き放たれて新しい自分を取り戻すことでしょう。尊天とあなたが一体になることにより宇宙の一部となるでしょう。それは、悟りの一歩となるかもしれません。

鞍馬寺のおすすめ記事はこちら。
京都一!鞍馬寺のパワースポット一覧とその効果とは

息を呑む絶景!桜と紅葉がきれいな鞍馬寺の見ごろはいつ?

ハイキングで行く!鞍馬寺から貴船神社のアクセスと時間

川床料理もある!京都・鞍馬寺に行ったら食べたいおすすめランチ5選

京都鞍馬寺のおみやげと言えばお守りと御朱印で決まり!

鞍馬寺と貴船神社へのアクセスや駐車場はあるの?


ピックアップ記事

  1. 銀閣寺見どころまとめ!銀箔の理由や歴史、哲学の道、やアクセスからカフェ・ランチ情報まで

    世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 建仁寺見どころまとめ!御朱印帳や座禅、アクセス、両足院からランチ情報まで!

    先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に圧倒されて座禅で悟りを開いた

    先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…
  4. 時間の流れを忘れるほど静かな京都の名所3選

    最近の京都は「行って見たい観光地」で世界1位に選ばれたりの人気ぶりで、一年を通じて観光客であふれてい…
  5. 【穴場スポットあり】五山の送り火を見るおすすめの場所5選

    京都の夏の風物詩「五山の送り火」この送り火は山々に文字が浮かぶのですから、昔はどんな場所からでも見え…

ピックアップ記事

  1. 世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る