知られざる金閣寺と三島由紀夫の関係

京都の観光スポットとされている金閣寺。実はこの金閣寺、大正から昭和にかけての文豪である三島由紀夫と深い関わりがあったのをご存知でしたか。

今回は文豪・三島由紀夫(みしまゆきお)と金閣寺の深い関わりを明らかにしていきたいと思います。

三島由紀夫とはいったい何者

そもそも三島由紀夫とは一体どのような人物だったのでしょうか。彼は戦後日本の文学界を代表する人物で、ノーベル文学賞などの候補に挙げられる人でした。

そんな彼ですが、幼少期は祖母によって非常に厳しくしつけられ、外で遊ぶことを禁止されていたそうです。そんな彼が幼少期に親しんだのは歌舞伎や谷崎純一郎(たにざきじゅんいちろう)などの文学作品のみでした。

こんな厳しく育てられた彼ですが、青年期を迎えると文学に目覚め学習院に入った時に「花盛りの森」を刊行します。

こうして文学に目覚めていき、数々の作品を発表していきますが、第二次世界大戦が勃発。そのため、彼の小説を掲載していた雑誌も発刊が中止となってしまい、彼は勤労動員に駆り出されることになります。

そして戦争が終結すると、彼は自分が書いた小説を筑摩書房(ちくましょぼう)が発刊している雑誌「展望」に持ち込みますが、受け入れてはもらえませんでした。途方に暮れている彼に一つの幸運が訪れます。

その幸運とは彼の小説に高評価を下していた川端康成(かわばたやすなり)との出会いが待っておりました。康成は務めていた雑誌「人間」に由紀夫の小説を掲載させます。

川端康成との出会いによって彼は再び文学界への足掛かりを得ることになります。その後も色々な作品をいくつも書き上げ、彼の代表作の小説は「仮面の告白」や「憂国(ゆうこく)」、「鏡子の家」などがあります。

文学界に様々な影響を与えた彼ですが、文学以外にも色々な才能を持っており、戯曲なども手掛けていくことになり、彼の戯曲における代表作品は「鹿鳴館(ろくめいかん)」や「近代能楽集」などがあります。

多彩な才能を有していた彼ですが、最後は陸上自衛隊の市ヶ谷駐屯地(いちがやちゅうとんち)で割腹自殺をしております。

三島由紀夫と金閣寺の関係は

三島由紀夫と金閣寺の関係性は一体何なのでしょうか。彼と金閣寺の関係性は小説「金閣寺」が深くかかわっております。

彼は「金閣寺放火事件」を題材にした小説執筆の為、京都へ取材に赴きます。彼はこの時、次回作の執筆を行う際に自分が今まで書いてきた文体改造を試みます。文体改造を試みる前は森鴎外を手本とした硬めの文体で小説を書いておりましたが、この文体をさらに磨いていくことで、より硬質な文章となり、知的な文体へと変化を遂げます。

こうして自らの文体改造を約1年間行った結果を反映した小説「金閣寺」が完成します。この小説は読売新聞の「1956年の読売ベストスリー」に選ばれることになります。

彼は「金閣寺」を出す前はあまり高評価を得るような文人ではなかったが、「金閣寺」8巻以降は文学界から非常に高評価を受けることになり、彼の人生を変えた小説と言っても過言ではない作品となっております。

まとめ

三島由紀夫と金閣寺の関係性をご紹介しました。彼は昭和の文豪として知られている人物ですが、その名声を確立したのは金閣寺放火事件を題材にした小説「金閣寺」がきっかけになっております。

金閣寺放火事件が起きなければ三島由紀夫は、昭和の普通の小説家で留まっていたかもしれません。そう考えると金閣寺には失礼ですが、燃やされてしまった事は非常に残念ですが、金閣寺の灰の中から、文豪・三島由紀夫が生まれたことは不幸中の幸いといえるのではないのでしょうか。

もし京都に行って金閣寺を親しい友人や家族など行く際には、この三島由紀夫と金閣寺の密接な関係のエピソードを語れば、かなりのドヤ顔ができると思います。

金閣寺のおすすめ記事はこちら。
波乱万丈な金閣寺の歴史をわかりやすく紹介!鹿苑寺との違いも解説!

金閣寺の見どころをランキング形式で紹介する

湯葉や金時まで!金閣寺周辺にあるおすすめランチ3選


ピックアップ記事

  1. 銀閣寺見どころまとめ!銀箔の理由や歴史、哲学の道、やアクセスからカフェ・ランチ情報まで

    世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 建仁寺見どころまとめ!御朱印帳や座禅、アクセス、両足院からランチ情報まで!

    先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に圧倒されて座禅で悟りを開いた

    先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…
  4. 時間の流れを忘れるほど静かな京都の名所3選

    最近の京都は「行って見たい観光地」で世界1位に選ばれたりの人気ぶりで、一年を通じて観光客であふれてい…
  5. 【穴場スポットあり】五山の送り火を見るおすすめの場所5選

    京都の夏の風物詩「五山の送り火」この送り火は山々に文字が浮かぶのですから、昔はどんな場所からでも見え…

ピックアップ記事

  1. 世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る