京都・嵐山に行くなら絶対寄りたいおすすめ観光スポット10選

京都の数ある観光エリアの中でも、ダントツに人気のある「嵐山」エリア。今回はそんな観光客に人気の嵐山で「特にここは外せない!」という観光スポットをご紹介していければと思っています。それでは行ってみましょう。

天龍寺

まずは何といっても外せないのは天龍寺でしょう。「世界遺産」にも登録されているお寺で、海外からの観光客の方々も大勢訪れます。特に見どころは庭と天井画でしょう。庭は「庭づくりの名人」といわれた「夢窓疎石(むそうそせき)」の作品で、嵐山を借景とした庭は必見です!

この庭が天龍寺を「世界遺産」に押し上げたといっても過言では無いほどです。もう一つは法堂の天井画の「雲龍図」でしょう。明治時代の作だったのですが、傷みがひどかったために1997年に日本画家「加山又造」画伯により描き直されました。どの位置からでも目が合う「八方にらみの龍」となっています。

こちらもどうぞ。
息を呑む光景!天龍寺の2大見どころ「雲龍図」と「庭園」

基本情報

住所 京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
拝観時間 08:30~17:30
定休日 不定休
電話 075-881-1235
拝観料 大人500円、小学生以上300円
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルの市バスD3のりばから、市バス28系統に乗り「嵐山天龍寺前」停留所で下車。そこから徒歩1分ほどです。

竹林の路

天龍寺の裏門にあたる北門から出れば、すぐにあるのがこの「竹林の路」です。嵐山付近は昔から広大な竹林が広がっていて「竹取物語」などの伝説のモデルにもなった場所です。竹林の路は現在にもその頃の様子を色濃く残した場所です。

一年を通して、青竹のすがすがしい香りをのせた風が吹き、さらさらとした葉ずれの音を聞きながら散歩していると普段の日常を忘れることができ、癒されます。

冬にはこの竹林の路を中心に「京都・嵐山花灯路」が開催され、嵐山中がライトアップされ幻想的な世界が広がります。

こちらもどうぞ。
京都屈指の竹林!絵になる天龍寺の「竹林の道」

基本情報

住所 京都市右京区嵯峨小倉山田淵山町
時間 24時間
定休日 無休
電話 075-861-0012
料金 散策自由
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルの市バスD3のりばから、市バス28系統に乗り「野々宮」停留所で下車。そこから徒歩10分ほどです。

野宮神社

竹林の路の中にひっそりとある小さな神社です。しかしながら、歴史のある神社でシンボルともいうべき「黒い鳥居」は日本最古のもので、その昔は伊勢神宮に「斎宮(さいぐう)」として向かわれる皇女が禊(みそぎ)をして身を清められた神社です。

現在は、恋愛成就や子宝安産で有名な神社で京都有数のパワースポットとして、国内外から人気のある神社です。

基本情報

住所 京都市右京区嵯峨野宮町1
拝観時間 09:00~17:00
定休日 無休
電話 075-871-1972
拝観料 無料
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルの市バスD3のりばから、市バス28系統に乗り「野々宮」停留所で下車。そこから徒歩5分ほどです。

大覚寺

元は、皇室の離宮であった建物がお寺となり、一時は「嵯峨御所」といわれていたほどに皇室とゆかりのあるお寺で現在でも、その寺格の高さを表しています。境内の建物には多数の「狩野派」の障壁画が残っています。

心経信仰の盛んなお寺としても知られていて、今も多くの人々が「般若心経」の写経に訪れています。また「花の寺」としても有名で華道の発祥の地となったお寺です。それだけに境内には四季折々の花々が咲き、夏にはお寺に隣接している「大沢池」の蓮も見事です。

【写真あり】大覚寺派の祇王寺の苔が神秘的すぎて我を忘れた

基本情報

住所 京都市右京区嵯峨大沢町4
拝観時間 09:00~17:00
定休日 不定期
電話 075-871-0071
拝観料 大人500円、子供300円
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルの市バスD3のりばから、市バス28系統に乗り「大覚寺」停留所で下車。徒歩すぐです。

化野念仏寺(あだしのねんぶつじ)

化野は、もともと京都の三大風葬の地で、この一帯はおびただしい遺体の山だったそうです。それらを弔おうと弘法大師が埋葬をした後に、浄土宗の開祖となった法然上人がお寺を建てたのが始まりだそうです。

現在はもちろん遺体などありませんが、代わりにそれらを祀ってある、数千からなる石塔が何とも言えぬ迫力と寂しさを伝えています。ちなみにここの石塔のある場所を「西院の河原(さいのかわら)」というそうです。

基本情報

住所 京都市右京区嵯峨鳥居本化野町17
拝観時間 09:00~17:00
定休日 無休
電話 075-861-2221
拝観料 大人500円、高・中学生400円、子供無料
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルの市バスC6のりばから、京都バス72系統に乗り「鳥居本」停留所で下車。徒歩3分です。

常寂光寺(じょうじゃっこうじ)

塀の無いお寺として珍しく有名なお寺です。特筆すべきは、紅葉で有名な小倉山の中腹にあるお寺なので、大変境内の中の紅葉が美しいお寺です。特に多宝塔と紅葉のコントラストの景色が有名で、多宝塔より少し上にある展望台からの景色は紅葉の中に塔がそびえ、その向こうには京都市内が一望でき見事です。

基本情報

住所 京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3
拝観時間 09:00~17:00
定休日 無休
電話 075-861-0435
拝観料 大人400円、小学生以下200円
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルの市バスD3のりばから、市バス28系統に乗り「嵯峨小学校前」停留所で下車。そこから徒歩15分ほどです。

清涼寺

清涼寺の名前より「嵯峨釈迦堂(さがしゃかどう)」で有名なお寺です。このお寺の最大の見どころはご本尊の「釈迦如来立像」と「嵯峨大念仏狂言」でしょう。

釈迦如来像はいわゆる「リアルな像」という感じで、お釈迦さまの身長から身体的特徴までそっくりに写し取った像だと言われていて、お釈迦さま本人も驚いたとか。この像のすごいのは内臓まで再現されていることです。絹で作られた「五臓六腑」は国宝にも指定されています。本当のお釈迦様に会ってみたい方は行かれてみてはいかがでしょう。

もう一つの、嵯峨大念仏狂言は一般に伝わっている狂言とは違い、役者全員が能のようなお面を付けて、無言にて身ぶり手ぶりで感情を演じるのが特徴です。

基本情報

住所 京都市右京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46
拝観時間 09:00~16:00
定休日 無休
電話 075-861-0343
拝観料 大人400円、高・中学生300円、子供200円
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルの市バスD3のりばから、市バス28系統に乗り「嵯峨釈迦堂前」停留所で下車。

松尾大社

京都の東の方向を守る「八坂神社」に対し、西の方向を守るのがこの松尾大社といわれています。お酒の神様として有名な神社で日本中の酒造会社からの信仰を集めています。境内には全国の酒造会社から奉納された酒樽が、山のように積まれていて圧巻です。

また、ヤマブキの花でも有名で関西一の多さを誇り、季節にはヤマブキの花が一斉に咲き境内をまさしくヤマブキ色に変え夜にはライトアップもされます。

基本情報

住所 京都市西京区嵐山宮町3
拝観時間 09:00~16:00
定休日 無休
電話 075-871-5016
拝観料 境内は無料、庭園には大人500円、高・中学生400円、小学生300円
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルの市バスD3のりばから、市バス28系統に乗り「松尾大社前」停留所で下車。

西芳寺(さいほうじ)

一般的には「苔寺(こけでら)」として知られているお寺です。かのスティーブ・ジョブズも何度も訪れていたという、海外でも有名なお寺で「世界遺産」に登録もされています。名前の通りに庭の苔が有名で、その美しさには多くの人々が魅了されています。

人気のお寺のわりに「日本で一番拝観が難しいお寺」としても有名で、事前に予約を取ってからでないと拝観ができないので注意が必要ですが、それだけの価値は十分にあるお寺だと言えるでしょう。

【写真あり】日本人なら一度は見たい苔寺(西芳寺)の見ごろはいつ?

基本情報

住所 京都市西京区松尾神ケ谷町56
拝観時間 完全予約制で指定された時間のみ
定休日 無休
電話 075-391-3631
拝観料 3000円
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルの市バスC6のりばから、京都バス73系統に乗り「苔寺・鈴虫寺」停留所で下車。

鈴虫寺

正式名は「華厳寺」という小さなお寺でしたが、ここ20年ほどで一躍京都のお寺でトップクラスの知名度に躍り出たお寺です。本来は秋にしか鳴かない鈴虫を、このお寺の住職さんが苦心の上、一年中、鈴虫を鳴かすことに成功しました。境内には約5000匹の鈴虫が鳴いています。

その住職さんの説法がまた面白く、人生を考えさせられるということでも人気です。そして、もう一つこのお寺で授けられる「幸福お守り」は、特に恋愛の成就で効き目あらたかということで日本中からこのお守りを求めて、恋に悩む人たちが押し寄せます。

基本情報

住所 京都府京都市西京区松室地家町31
拝観時間 09:00~16:30
定休日 無休
電話 075-381-3830
拝観料 500円
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルのC6のりばから出ています73系統または83系統のバスに乗り「苔寺・鈴虫寺」停留所まで行き下車します。

最後に

今回は京都の有名観光地「嵐山」の必見スポットをご紹介しましたがどうでしたか?今回の記事で書ききれないほど、まだまだ嵐山エリアには魅力いっぱいのスポットが数多くあります。一度とは言わず、何度も訪れて嵐山の魅力にどっぷりと浸かってみてくださいね。それでは。


ピックアップ記事

  1. 銀閣寺見どころまとめ!銀箔の理由や歴史、哲学の道、やアクセスからカフェ・ランチ情報まで

    世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 建仁寺見どころまとめ!御朱印帳や座禅、アクセス、両足院からランチ情報まで!

    先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に圧倒されて座禅で悟りを開いた

    先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…
  4. 時間の流れを忘れるほど静かな京都の名所3選

    最近の京都は「行って見たい観光地」で世界1位に選ばれたりの人気ぶりで、一年を通じて観光客であふれてい…
  5. 【穴場スポットあり】五山の送り火を見るおすすめの場所5選

    京都の夏の風物詩「五山の送り火」この送り火は山々に文字が浮かぶのですから、昔はどんな場所からでも見え…

ピックアップ記事

  1. 世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る