京都市美術館の周辺にあるおすすめランチ5選

京都市美術館の周りは、平安神宮や京都市動物園、南禅寺など観光地がめじろ押しのエリア。そんな観光の途中で、フラッと立ち寄ってみたいランチができる場所を今回はご紹介していきたいと思います。

山本麺蔵(やまもとめんぞう)

最近は、マスコミでも取り上げられている行列必至のお店です。それでも、一度は食べていただきたくてご紹介しちゃいます。行列店になるとお店の対応がずさんになってしまう残念なこともありますが、ここはいつ行っても親切丁寧。待っている間にもお茶を出してくださったり、寒い日にはひざ掛けを貸してくださる心づかい。これぞおもてなしです!

メインのおうどんですが、こちらも裏切りません。オススメは「牛と土ゴボウのつけ麺」945円。麺は太めでコシがしっかりしていつつもモッチモチで食べごたえありで、つけるタレも牛肉とゴボウがよく煮込まれてうまみがしっかり出たタレ。それにつけて食べるとうどんのモッチリとゴボウのシャキシャキ感、牛肉のうまみが口の中でハーモニーで言葉を失います。

基本情報

住所 京都市左京区岡崎南御所町34
営業時間 11:00~19:45
定休日 木曜日、第4水曜日
TEL 075-751—0677
アクセス 京都市バス5系統に乗り「京都会館・美術館前」で下車。徒歩5分。または100系統に乗り「動物園前」で下車。徒歩2分

岡北

上記でご紹介した「山本麺蔵」さんの、すぐ隣にある同じくおうどんのお店です。こちらも負けず劣らずの人気店で行列店です。山本麺蔵さんが讃岐うどん風のコシを売りなら、こちらは細く優しい京風うどんが売りのお店です。

おうどんの方は、主張しすぎないやわらかいコシの細い目のおうどんですが、このお店はダシがすごいのです!産地にまでこだわり抜いた昆布とカツオでしっかりとダシを取り、まさしく「ダシを食べる」といっても過言ではないでしょう。

オススメは「天とじうどん」1300円。しっかりしたダシにフワッフワの卵がとにかく優しい味にしてくれていてすべて飲み干しちゃうほど、おうどんも細目で柔らかくどこまでも優しく、とくに女性や子供さんが大好きな味ではないでしょうか。

基本情報

住所 京都市左京区岡崎南御所町34
営業時間 11:00~20:00
定休日 火曜日、第3水曜日
TEL 075-771—4831
アクセス 京都市バス5系統に乗り「京都会館・美術館前」で下車。徒歩5分。または100系統に乗り「動物園前」で下車。徒歩2分

グリル子宝

筆者の両親が若いころに食べに行った時から「ほとんど変わっていない」という小さな洋食屋さん。ここのお店の特徴は「ボリュームがスゴイ!」ということです。もともとは「大学の町・京都」の学生さんにお腹イッパイ食べてもらいたいという店長さんの想いが引き継がれています。

でも「量が多くてもお味が・・・」という方ご安心を!このお店は決して裏切りません。特にオススメが「オムライス(小)」650円ですが、バターの香り高いケチャップライスに昔風の薄焼き卵が巻かれなんともなつかしい味、上からかけられている「デミグラスソース」は秘伝のソース何時間もかけて煮込んだソースは絶品です。

このお店は他にも、ハンバーグ、ヤキメシ、クリームコロッケ、サンドイッチとどれも選ぶのが困るので大人数で行っていろいろ頼んでシェアするのがオススメです。

基本情報

住所 京都市左京区岡崎北御所町46
営業時間 11:30~21:45
定休日 火曜日、第2、4水曜日
TEL 075-771—5893
アクセス 京都市バス100系統に乗り「動物園前」で下車。徒歩4分

マルシン飯店

店構えは、古い昔ながらの「町の中華屋さん」という感じですが、味の方は保証付き。
「美味い!早い!安い!」をモットーに食材も朝早くから「京都中央市場」へ直に仕入れに行くほどのこだわりようなのです。

このお店のオススメは「天津飯」700円と「中勢以熟成豚肉ギョーザ」380円。天津飯は京都とは思えないほど、濃い目のあんが乗っていますが食べてみるとご飯と卵の優しい味に中和されてちょうど良い味付けになり、ドンドン箸が進みます。ギョーザも熟成とだけあり、深いお肉のうまみが噛むとジュワッと出てきてたまりません。

基本情報

住所 京都市東山区南西海子町431-3
営業時間 11:00~06:00
定休日 火曜日
TEL 075-561—4825
アクセス 京都市バス100系統に乗り「東山三条」で下車。徒歩1分

瓢亭・別館(ひょうてい・べっかん)

最後は、京都らしい「京料理」のご紹介。日本で一番古い料亭でも有名な「瓢亭」その別館が美術館近くにあるのです。ここは夜も、もちろんのこと昼でも数万円はかかると言われる日本最高峰の料亭ですので、おいそれと行くのは難しいですが朝の8時から11時までしている朝粥(あさがゆ)なら多少リーズナブルなので、少し遅い目のブランチにいかがでしょうか。

「朝粥」4500円は、おかゆとは言え八寸には名物の「瓢亭玉子」や「湯どうふ」もついてくるのでお得感イッパイ!おかゆ自体も三杯は食べられるので充分な量があります。
特筆すべきは、そのおかゆにかける「葛あん」。大量のかつお節を煮込み濃いダシを取り、それに少量の醤油と葛でとろみをつけた「あん」は最高の調味料。普通のおかゆを最高の日本料理にしてくれます。

基本情報

住所 京都市左京区南禅寺草川町3535
営業時間 08:00~11:00
定休日 木曜日
TEL 075-771—4116
アクセス 京都市バス100系統に乗り「動物園前」で下車。徒歩5分

最後に

いかがでしたでしょうか。美術館などで目を楽しまれた後は舌を楽しませてみては。美術品に負けないほどの料理を出すお店が京都には本当にたくさんあります。ぜひご賞味あれ。それでは。


ピックアップ記事

  1. 銀閣寺見どころまとめ!銀箔の理由や歴史、哲学の道、やアクセスからカフェ・ランチ情報まで

    世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 建仁寺見どころまとめ!御朱印帳や座禅、アクセス、両足院からランチ情報まで!

    先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に圧倒されて座禅で悟りを開いた

    先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…
  4. 時間の流れを忘れるほど静かな京都の名所3選

    最近の京都は「行って見たい観光地」で世界1位に選ばれたりの人気ぶりで、一年を通じて観光客であふれてい…
  5. 【穴場スポットあり】五山の送り火を見るおすすめの場所5選

    京都の夏の風物詩「五山の送り火」この送り火は山々に文字が浮かぶのですから、昔はどんな場所からでも見え…

ピックアップ記事

  1. 世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る