【保存版】わかりにくい五山の送り火の意味を解説

京都の夏の風物詩の一つ「五山の送り火」。京都では祇園祭で夏が始まり、五山の送り火で夏が終わると言われています。この五山の送り火とは元来どういう意味なのか、なぜあるのかを今回はご紹介していきたいと思います。

五山の送り火とは

京都の夏の風物詩の一つで大切な伝統行事である「五山の送り火」。「葵祭」「祇園祭」「時代祭」とともに京都四大行事の一つとされています。お盆明けの8月16日に家々に帰ってきているご先祖の霊を迷わないようにあの世へ送り届ける送り火という意味で点火されます。ちなみに京都ではご先祖の霊を「お精霊(しょらい)さん」と呼ぶのですよ。

五山とは、「大文字」「松ヶ崎の妙法」「舟形」「左大文字」「鳥居形」の五つで、「大文字」の20時点火開始から、順に5分ごとに点火されていきます。昔は、大文字は横綱級だと言われ最後に点火されていた時代もあったのですが、1963年から現在の20時点火から逆時計回りに統一されたのです。

昔は十山の送り火?

現在では「五山の送り火」として定着していますが、明治時代以前は「十山の送り火」だったと言われています。残り十山の文字は、「い」「一」「竹に鈴」「蛇」「長刀」があったとされています。

しかし、明治に入り日本は近代化の道を進みます。すると「送り火で先祖の霊を送るなんて迷信で先進国のすることではない!」と禁止されてしまいました。祇園祭も「祭りで疫病を祓うなんて迷信だ」と言われたほどだったそうで、急速に日本文化が衰退したと言われています。

その後、再開されましたが資金難などの影響で一つ、また一つと消えていき現在の「五山」になったとされています。先祖代々の行いが近代化の波で消えていくなんて悲しいことですね。

いつごろ誰が始めたの?

これには、いくつかの説があります。特に有名なのは二つで、一つは「足利義政説」で大文字の送り火の正面に足利将軍家の旧幕府跡があるし、大文字山のふもとには足利義政が建てた銀閣寺もあるからという理由からです。

もう一つは「弘法大師説」です。大文字の文字が点される大文字山はもともと大師の修行の場であったのと、平安時代の昔に山々にあんな文字をキレイに灯せるのは超人の弘法大師しかありえないということからです。

京都市民の大多数はこの弘法大師説を信じており「大文字さんは、お大師様が作らはったんや」と言い伝えています。

灯されなかった時代

平安時代から続けられてきたと言われる「送り火」ですが、灯されなかった時代もあります。一つは先に先述したように明治時代。もう一つは太平洋戦争時代です。「山々に大きな火の文字が浮かぶとそこが空襲の目標にされるから」という理由からでした。

それでも、京都の人々はご先祖の霊を送りたいと願い、朝の少しだけの時間に白いシャツを着て、山に登り送り火の人文字を作ったのです。しかし、こういう理由で送り火の火が消えるのは悲しいことですね。もう二度とこういう事が起こらないように願いたいものです。

大文字焼きじゃないの?

実は、送り火は京都だけでなく、奈良や箱根、秋田や高知などにも大の字の送り火があります。これらの地方では、送り火の事を「大文字焼き」というのです。実を言うと、昔は京都でも「大文字焼き」と呼ばれていた時期もあったのです。

しかし、京都人はプライドの塊です。京都が他の地方と一緒にされるのをとにかく嫌います。そのために、近年になって「大文字焼き」という呼び方は消え、「五山の送り火」と統一されるようになり、そこからは徹底的に「大文字焼き」という言い方は忌み嫌われるようになりました。

他の地域から送り火を見に来られた方は気を付けてください。「大文字焼き」などと言っていると近くにいる京都人が信じられないほど冷たい目で見てきますよ。

最後に

京都の五山の送り火の事、少しは分かっていただけたでしょうか。五山の送り火はあくまでも宗教行事です。精霊流しや家々で送り火を焚くのと一緒のご先祖の霊をあの世へ送るものです。見に行ってもあまり騒がずに静かに見送りましょう。それでは。


ピックアップ記事

  1. 銀閣寺見どころまとめ!銀箔の理由や歴史、哲学の道、やアクセスからカフェ・ランチ情報まで

    世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 建仁寺見どころまとめ!御朱印帳や座禅、アクセス、両足院からランチ情報まで!

    先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に圧倒されて座禅で悟りを開いた

    先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…
  4. 時間の流れを忘れるほど静かな京都の名所3選

    最近の京都は「行って見たい観光地」で世界1位に選ばれたりの人気ぶりで、一年を通じて観光客であふれてい…
  5. 【穴場スポットあり】五山の送り火を見るおすすめの場所5選

    京都の夏の風物詩「五山の送り火」この送り火は山々に文字が浮かぶのですから、昔はどんな場所からでも見え…

ピックアップ記事

  1. 世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る