穴場でおすすめ!観光シーズンでも静かな京都を味わえる名所3選

観光シーズンはどこも人でいっぱいになります。京都も例外ではなく、観光シーズンにもなるとそれはそれは多くの観光客が訪れます。今回はそんな観光シーズンでも少しでも静かに観光ができる名所をご紹介したいと思います。

金福寺(こんぷくじ)

京都はラーメンの激戦区でも有名な「一乗寺」にある臨済宗のお寺さんです。境内は大きくはありませんが、小さいながらもキレイに整備された枯山水の庭が秋のシーズンには紅葉とさざんかが美しく隠れた穴場的スポットといえるでしょう。

俳句で有名な「松尾芭蕉」が滞在したお寺でもあり、中には「芭蕉庵」といわれる庵があり、ここから見る京都市内の風景はすばらしいですよ。

このお寺には、もう一つの癒しポイントがあります。それは「福ちゃん」です。福ちゃんというのは15年ほど前にこの金福寺に迷い込んできた野良猫で、今はこの金福寺のアイドルです。

筆者は知らなかったのですが、行ったときに門前に座っていて、入ると後ろを付いてきて「お出迎えしてくれたの?」と聞くと、あくびをしながら軒先でお腹を出すのでなでてあげると気持ち良いのか寝始めて陽だまりの中、筆者と福ちゃんの二人だけの時間がたまらない癒しの時間でした。

基本情報

住所 京都市左京区一乗寺才形町20
拝観時間 09:00~17:00
定休日 1/16~1/31、8/5~8/20、12/30~12/31 
電話 075-791-1666
拝観料 大人400円、高・中学生200円、小人無料
アクセス 京阪電鉄で「出町柳」駅で下車して叡山電鉄に乗り換え、「一乗寺」駅で下車をして徒歩10分です。

泉涌寺(せんにゅうじ)

泉涌寺は、皇室の菩提寺としてあるお寺で現在も皇族方がお参りをされるかなり格式の高いお寺さんで別名「御寺(みてら)」と呼ばれています。しかし、驚くほど人がいません。筆者が訪れた時も筆者しか人がおらず、貸し切り状態で逆にお参りしても良いのかと緊張したほどです。

ちなみにこの泉涌寺の別院として、西国三十三か所の札所「今熊野観音寺」があり、こちらは有名で観光客も多いので間違えないように気を付けてください。今熊野観音寺は入り口が手前にあり、大勢の人はそちらに向かいますのでそちらに行かず、さらに奥に進んでください。すると泉涌寺の山門が見えてきます。

女性が見逃せない見どころがあります。「楊貴妃観音堂」です。楊貴妃の夫の玄宗皇帝が亡き楊貴妃の冥福を祈って作ったとされていて、すごく穏やかで美しい顔立ちの日本一美しい観音像とも言われています。そんな楊貴妃ゆかりの観音様なので、美人祈願にご利益があるそうです。

ほかにも皇室ゆかりのお寺だけあり、皇族方がご休息される部屋の襖絵や皇族方の休息されるイスなどの調度品もすばらしい見ものです。そして、それらの部屋の前に広がる「御座所庭園」は管理がゆき届き、すばらしいキリッとした美しい庭園が望めます。その庭園を誰もいない縁側に1人座って眺める贅沢な時間をお楽しみください。

基本情報

住所 京都市東山区泉涌寺山内町27
拝観時間 09:00~16:30
定休日 無休
電話 075-561-1551
拝観料 大人500円、中・小学生300円
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルのB3のりばから出ています208系統のバスに乗り「泉涌寺道」停留所まで行き下車します。下車をして徒歩7分です。

詩仙堂(しせんどう)

比叡山などを含む東山連峰のふもとにあるお寺さんです。もともとはお寺ではなく、徳川家の武将であった「石川丈山(いしかわじょうざん)」という武将が、武士をやめて文人となり、隠居生活を送るために建てた山荘でした。

詩仙堂の名前はお寺の中の「詩仙の間」から来ていて、この部屋には、中国の詩人たちの肖像画があります。この肖像画は「中国三十六詩仙像」と言い、ここから詩仙堂の名前が来ています。この絵は、江戸時代の狩野派の狩野探幽(かのうたんゆう)が描いたとされています。

この詩仙堂を作った石川丈山は庭づくりでも才能のある人で、自分の納得のいく庭を自ら作っていき完成したのが、現在ある庭です。この庭を詩仙の間から、静かに眺めていると、時間のたつのも忘れます。

基本情報

住所 京都市左京区一乗寺門口町27番地
拝観時間 09:00~17:00
定休日 5/23 丈山忌
電話 075-781-2954
拝観料 大人500円、高校生400円、中・小学生200円
アクセス JR京都駅からは、駅前にあるバスターミナルのA1のりばから出ています5系統のバスに乗り「一条下がり松町」停留所まで行き下車します。下車をして徒歩7分です。

最後に

今回の記事はいかがでしたか。観光シーズンにはいたる所が混みあう京都ですが、探せば静かに過ごせる場所もまだまだあります。後は、ちょっと工夫をして、朝早くの時間に行ってみたりすると普段は混みあう場所も静かに鑑賞したりもできますので、試したりしてみてくださいね。それでは。


ピックアップ記事

  1. 銀閣寺見どころまとめ!銀箔の理由や歴史、哲学の道、やアクセスからカフェ・ランチ情報まで

    世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 建仁寺見どころまとめ!御朱印帳や座禅、アクセス、両足院からランチ情報まで!

    先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に圧倒されて座禅で悟りを開いた

    先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…
  4. 時間の流れを忘れるほど静かな京都の名所3選

    最近の京都は「行って見たい観光地」で世界1位に選ばれたりの人気ぶりで、一年を通じて観光客であふれてい…
  5. 【穴場スポットあり】五山の送り火を見るおすすめの場所5選

    京都の夏の風物詩「五山の送り火」この送り火は山々に文字が浮かぶのですから、昔はどんな場所からでも見え…

ピックアップ記事

  1. 世界遺産にも登録されていて、金閣寺と並べられる寺院の銀閣寺。今回はその銀閣寺の歴史や見どころを詳しく…
  2. 先日こちらの記事を書いたところ非常に反響がありました。 【建仁寺見どころ】雲龍図と風神雷神図に…
  3. 先日、ひょんなことから建仁寺に用事ができたので行ってきました。恥ずかしながら京都に30年ほど住んでい…

新着記事

ランダム記事

ページ上部へ戻る